アレルギー ペット

アレルギーペットに高品質なサプリで改善

 

心臓病や皮膚病、アレルギーなどが代表的なものですが身体全体の血流を改善させるため、あらゆる症状に効果がある可能性があります。

 

 

パンフェノン口コミ

アレルギー皮膚炎でステロイドなど病院で使っていましたが 使っているときは良いのですが完治にはいたらずためしに パンフェノンの事を知り投与初めて一週間くらいで赤い皮膚が ピンク色に変わり一ヶ月位から毛が生え始めました。
まだまだ始めの一歩ですがしばらくは頑張りたいと思います。

アトピー治療を促進させるためパンフェノン、パンフェノンエッセンスを使い始めて8カ月を経過しました。使い方も症状を見ながら工夫してきたこともあり当初から比べると効率的になったように思います。 動物病院の先生が処方する飲み薬のステロイド剤、塗り薬デルモゾールは引き続き使っていますが、症状の改善に伴い、使用量は大幅に減りました。 現在、デルモゾールとパンフェノンエッセンスを塗る場所を分け、それぞれの効果を確認中です。 デルモゾールは、湿疹に塗るとその効果は比較的早く認められます。しかし、デルモゾールを繰り返し使うと、薬負けとでも言いましょうか、一種の副作用として、皮膚がカサカサに、フケだらけになります。ですから湿疹にピンポイントで塗り、周辺に塗り広がらない様にしなければなりませんが、これが結構難しい。 これに対して、パンフェノンエッセンスは効果の出方はデルモゾールより遅いのですが、副作用は一切なく、肌がカサカサになることもありません。また、デルモゾールで治療した湿疹は一旦湿疹が消えた後早期に再発するのに対して、パンフェノンエッセンスで治療したものは再発までの時間が長いという違いもあります。これは、パンフェノンとの併用による相乗効果なのかも知れません。パンフェノンとデルモゾールの組合せにも相乗効果はあるのでしょうが、素人には分かりません。 以前は散歩中でもよく痒いところを後ろ足で掻いていましたが、今はそのような仕草は殆ど見られません。 アレルギーは完治が難しいので、これからも上手に付き合って行かなければならないでしょう。

 

ワンちゃん情報
○ミニチュア・ダックスフント タン 9歳(5s)メス・凛 7歳(4s)メス

 

凛のお腹の皮膚のかゆみ 首や所々にかゆくていつも
真っ赤なぶつぶつ。

 

毎月くり返される病院とひどくなると注射、
薬も強いのをつけて治ってはまたぶり返す。

 

これが普通になっていましたが、雑誌で目にした「フランス海岸松樹皮抽出物」
半信半疑でTel!

 

商品届いて2、3ヶ月毎日かかさずフランス海岸松樹皮抽出物で始まる朝。

 

日に日に凛のお腹は赤さが減り、今では治った!と
いってもいい程幸せな日々。

 

大変ありがとうございました。

 

1回も病院に行ってません。

 

タンは健康維持の為にフランス海岸松樹皮抽出物を
リンと一緒に続けていこうと思ってます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
フランス海岸松樹皮抽出物の抗炎症作用が、痒みとブツブツの悩みに
お役に立てて良かったです!

 

ダックスフンドはお薬に弱いコが多いので、お薬が減った、
飲まなくてよくなった、という話を聞くとホッとします。

 

 

 

そしてパンフェノンがおすすめです

 

パンフェノンですが様々な症状のワンちゃんに効果があったと報告されています。

 

パンフェノン(PINFENON)と冊子「動物にも笑顔はある」の詳細↓