犬 カビ

犬カビ皮膚病になったら飲むサプリはここから

パンフェノンですが様々な症状のワンちゃんに効果があったと報告されています。

 

犬のカビには白癬があります

 

犬の皮膚や毛に、カビの一種の犬小胞子菌(ミクロスポラムカニス)が感染して起きる皮膚炎です。
猫に感染することが多いのですが、犬や人間にも感染し皮膚炎を起こします。
また、土を掘ったり土の上で生活する犬(子犬)には石膏状小胞子菌(ミクロスポラムギプセム)が感染します。

 

 

顔や目の周囲、耳や体の皮膚のやわらかい部分に円形の脱毛として見つけられます。フケのような細かい痂皮(かさぶた)が付着しています。そのまわりはわずかに赤く腫れて見え、この部分の毛は折れたり抜けやすくなっています。
子犬や猫がたくさん集まるところに犬を預けた、毛を刈ったり洗ったりしてもらったら毛が抜けた、飼いはじめた子犬や子猫が皮膚病になった、同居している犬や猫にこれと同じような症状が現れたといったときには、この病気の感染を疑います。
人間にも感染してしまうので注意

 

 

全身の毛を切ったり抗白癬用の抗生物質を内服させます。

 

 

そしてパンフェノンがおすすめです

 

パンフェノンですが様々な症状のワンちゃんに効果があったと報告されています。

 

パンフェノン(PINFENON)と冊子「動物にも笑顔はある」の詳細↓